底を打ったかもしれない香港市場/ストレス耐性

3月5日(金)の香港市場はかすかな希望が見えたかもしれない一日でした。(主観)

 ・ ハンセン指数           29,098.29 ▼0.47%
 ・ ハンセンテック指数  8,634.22 ▼2.10%

朝の寄り付きでハンセン指数が▼2%を超えていたのを見た時点で、株価の画面をそっと閉じました。ストレスを減らすことも大事なことです。

全人代の速報が次々と入る中、株価は少しずつ下げ幅を縮小し、一時はプラ転する時もありました。ハンセンテック指数も似たような動きで、▼5%からじわじわと戻していき、▼2.1%で終えました。

何となくですが、全人代直前の様子見相場が終わり、ポジティブな相場に戻って行く気配を感じます。

来週は何か買いたいと考えています。

今朝から日中、大きく値を戻した銘柄が良さそうです。個人的には

 ・Sunny Optical (2382)

 ・薬明生物科技 (2269)

 ・美団 (3690)

 ・イエーカー(9923)

 ・ネットイース (9999)

あたりでしょうか。確実に上がるのは大正義テンセント(0700)だと思いますが。

得てして、どんよりムードで買った株が後々利益を生んでくれます。前向きに頑張りたいです。

 

PFは▼1.2%、ついに持ち株トータルで含み損になりました。まだ利確分があるので年初来はまだプラスですが、本当に含み益は幻です。(2日連続)

ここで反転してくれれば何も問題ありません。モルガンスタンレーが、吉利汽車の株価が30日以内に下落する株価が60-70%、目標株価 13HK㌦(今の半分!)という不吉なニュースもありましたが無視無視。

 

妻から、下の息子(10歳)がお手伝いをせず、夜10時なのにゲームをしたいとわがままを言って困ってるから話をしてほしい、と電話がありました。最近よくこうした電話が来ます。

電話では、規律を守らない人間がいかにダメな存在か、迷惑か、未来がないかをこんこんと説明して詰めました。腹が立つと、マシンガンのように理屈を並べて相手を詰めてしまいます。

息子君や娘は定期的にこれを浴びていて、さぞストレスが掛かると思います。

でも社会に出てからのストレスはこんなものではないので、少しでも予行練習になるといいのですが。

ストレス耐性があれば社会に出ても何とかなりそうですが、優しさに包まれ続けた状態で社会に出ると、速攻でぶっ叩かれて心身に支障をきたしそうです。

世の中が、上辺の優しさと当たり障りのなさの比率が高まる中、いかに逆風に晒される機会を若い間に持てるかがより大事になっていくと思います。

 

投資のストレスにやられそうな昨今ですが、よい週末をお過ごし下さい!

 

惨憺たる香港市場/悩みはGlobal X ETF/米国株

3月4日(木)の香港市場は惨憺たる結果でした。

 ・ハンセン指数     29,236.79 ▼2.15%
 ・ハンセンテック指数    8819.62  ▼5.84%

有名どころで下落が激しかったのは、

  • 薬明生物技術 (2269)
  • 美団 (3690)
  • Sunny Optical (2382)
  • 京東健康 (6618)
  • 海底撈国際 (6862)
  • 阿里健康 (0241)
  • 明源雲集団 (0909)
  • 衆安保険 (6060)

それぞれ▼6~10%程度です。他にもまだまだあります...(悲惨)

とにかく、これまで急騰していた銘柄が2か月ほど時間を巻き戻された感じです。時間が巻き戻されただけならまた上がりますが、再び上昇するかは何とも言えません。

「割高」と言われれば今でも割高な銘柄が多いです。PERは依然100や200になっています。(サニオプは違いますが)

3月5日(金)から全人代が始まり、この結果で相場が大きく動くと言われてます。

しっかりと様子を見たいと思います。

 

PFは▼4.9%と大きなダメージを受けています。含み益は幻、という言葉が重くのしかかっている状態です。

目下の悩みは Global X ETFシリーズです。いずれもここ一年大きく上げてきたので、今回の調整をかなり受けています。これが続くのか、一時的なのか、判断に迷います。

クリエネ系は昨日の政府改革案で、3月3日に暴落しました。

クリエネETFも、この政策がどうなるか次第になりそうです。

米国でもARK ETFが連日軟調です。落ちるタイミングも、Global X ETFがダブって見えます。

 

米国株は $DIS を少し買ったっきりでなかなか追加購入できずです。(上がりも下がりもしないので平和)

今さらテック系でもないので、$MGA のRSIが下がったタイミングを見て買いたいです。メーカーに勤めているのでメーカー買いがちです。

 

いい日になりますように...

 

高官が発言して下落/少し売却/IPO落選

3月2日(火)の香港は朝の一瞬だけ好調、その後ずるずると値を下げて終わりました。

 ・ハンセン指数     29,095.86  ▼1.21%
 ・ハンセンテック指数 9,257.99  ▼0.44%

中国当局の高官が、海外市場でのバブル状態に懸念を表した影響で、今日の流れが決まったようです。

全人代も控え、積極的な買いが入り辛いのかもしれません。

 

【売却】

・Sunny Optical (2382) @198.2

・BYD Electronic (0285) @43.8

・恒大物業 (6666) @16.4

一部を利確&損切りして現金を作りました。最近の軟調な相場に私の恐怖指数が高まってきました。政府がバブルを抑え込もうとしているのは感じられるので、不測に備える現金を用意しました。

どの銘柄も部分的な売却なので、当てが外れて上がってくれれば嬉しいですし、下がれば機を伺って買いに向かいます。

 

IPOを申し込んでいた「賽生薬業」は落選でした。

これさえ当てれば 1万HK㌦は儲かると見ていたのでがっかりしましたが、グレイマーケットは僅か +2.0%で終わりました。

医薬品の開発・販売を手掛けて、既に利益が出ているのに不思議です。当選倍率が1,000倍を超えたことから、注目度も高かったはずですが。IPOはよく分かりません。

次のIPOは JD物流でしょうか。心待ちにしています。

 

明日も頑張りましょう...

香港市場は半戻し/二季報の招福銘柄/2月の投資成績

3月1日(月)の香港市場はそれなりに値を戻してくれました。

  • ハンセン指数       29,452.57 +1.63%
  • ハンセンテック指数   9,298.79 +3.85%

前週末の香港があまりにも下げたこと、米国市場が落ち着きを取り戻したことが功奏したようです。とはいえ2月26日の半戻しに留まりました。

セクターは、前週まで大きく下げたIT、半導体、医療・バイオ、自動車の伸びが目立ちました。

気になる「北水」は、僅か84M香港㌦の買い越しでした。1月の好調時は10Bを連日超えていたので、引き続き気になるところです。

 

PFは +3.3%と、前日の▼4.0%からそこそこ戻ってくれました。

高値掴みをした後にナンピンして、更に下げて傷口を広げてくれたBYD エレクトロニック(0285)吉利汽車(0175)、今日 3%超上げてましたがまだ 20%程度の含み損です。

二季報Webを見ていたら、両者がそろって「3月の招福銘柄」に選ばれていてウケました。(ついでに最近まで持っていた中国光大環境(0257)まであり)

レポート > 一覧 中国株投資情報なら【中国株投資情報サイト 二季報WEB】

招福というか、早く不幸が過ぎ去ってくれればいいのですが...

とにかく高値掴みを反省・後悔する日々です。次に活かさねば。

 

明日3月2日、IPO「賽生薬業(6600)」の当選発表です。

ニュースでは 43万人が応募とか、金額ベースで当選確率が1,000倍とか言われていて当たる要素がありませんが、もし当たったら結構儲かります。(多分)

3月の勝利が確定するこの宝くじ、応募したときよりも必死度が増しています。

何とかこれも招福銘柄になってくれれば!

 

途中まで爆益街道まっしぐらだった2月、終わってみれば▼5.1%と大敗でした。

年初来で見れば+6.1%なので悲観する必要はありませんし、そもそも月別に勝敗を付ける意味もありません。結果的に、出入りの激しい月だった、ということでした。

中国企業の決算発表は3月がメインです。

所有銘柄がいい決算を出して、株価がオーガニック・グロースしてくれることを期待します。

 

明日もみなさんにとっていい一日でありますように!

 

地合いで利確する選択肢

2月の後半になって急激に地合いが悪化した株式相場ですが、振り返って月の半ばに利確できたのか?と自問自答しています。

 

香港市場は春節休暇明けの16~17日にかなりの過熱感がありました。

17日まで上海・深圳市場が休場だったこともあり、香港での将来に対する上目線がダイレクトに相場に反映したのだと思います。

 

このときのPFは、いずれも長期で保有したい企業・ETFで占められており、通常では売却は考えられません。チャラついた銘柄もありませんでした。

 *私のチャラついた銘柄の定義は、PSRを使って価値を計っているか否か

 

そうした状況で売却対象は何かを考えると、

  • 直近で大きく値を上げたETF・個別銘柄

でしょうか。

なまじそれぞれの銘柄の展望に自信があるから売りにくいですが、加熱した後に一旦調整する市場の自然な動きや、過熱を冷ましにくる中国政府の存在を考えると、選択肢として置いておく必要があります。

(1月下旬の調整局面の記憶から、利確すべきか考えたりもしたのですが、元来楽天的な性格からここまでの調整は考えていませんでした)

 

じゃあ次に同じような局面が来れば、実際に売るのかは分かりません。

選択肢としての利確を意識したとしても、実行するかは別問題です。

根底に、購入時のシナリオが崩れていない中で、売ったり買い戻したりすべきなのか、という問いに、答えを出せていないことがあります。

現時点では、自分の売るタイミングの悪さから、シナリオの範囲内ならじたばたしない方がいい、という気持ちが強いです。なので、これからもなかなか売らないと思います。

私の売り時は、

  • シナリオが崩れたとき(企業環境の変化、深刻なニュース、値の下げ過ぎ)
  • 想定した利益に達したとき
  • 飽きたとき(値動きが悪い、他に買いたいものができた)

ここに

  • 地合いが良すぎて近く調整が想定されるとき

を加えれば、もう少し勝率が上がるでしょうか。

 

現時点で相場を悲観しておらず、また回復するだろうと思います。米国債の利回りが落ち着けば、資金も戻るべき銘柄に戻って来るはずです。

これまでの水準で株式相場に資金が戻って来るかは分かりませんが、金融相場でお金がじゃぶじゃぶの中、このまま株式市場からお金が抜けていくとは考え辛い。

 

これも楽観的な性格が影響した見方かもしれませんが、変に悲観することなく落ち着いて相場に臨みたいと思います。

 

引き続きよい週末を!

 

株価を見なくなる/逃げて勝つ投資の鉄則/ハンセン総合指数

前日に下げ止まった香港市場ですが、2月26日(金)は再度大きく下げる結果となりました。

  ・ハンセン指数     28,980.21 ▼3.64%
  ・ハンセンテック指数 8,954.44 ▼5.71%

前日の米国市場が急落していたので覚悟はしていましたが、厳しい結果となりました。

買いたい銘柄があったので日中株価をチェックしていましたが、見る度に心がしくしくしました。(購入後は一切見なくなりました)

要因は、ここら辺りが思いつきます。

  • 米国株式市場の急落によるリスクオフ
  • 機関による月末日利確の売り
  • 大陸マネーの売り先行(76億HK㌦の売り越し)

15日頃には潤沢にあった含み益が風前の灯火となり、やや遠い目になっていますが、深刻には受け止めていません。やがて回復すると考えています。理由は、

  • ベースが金融相場であり金余りの状態
  • 直近急上昇した米国債券利回りはいずれ落ち着く(株に資金が戻入)

Twitterで見かける日本人投資家の多くが、田中泰輔さんの「逃げて勝つ投資の鉄則」をベースとした相場観を持っていて、ある種のバイブルとなっています。

私も一員で、TwitterでRTさせて頂いたらご本人からコメントを頂戴して恐縮しきりです。

 

 

私のPFは▼4.0%で今日もお通夜でした。(南無...)

銘柄そのものに不安材料はないので、自然と立ち直る日を静かに待ちます。

 

【購入】中国飛鶴(6186) @21.0

中国最大手の乳児用粉ミルクメーカーを追加購入です。前から買いたかったのですが、最高値から約20%下げているこのタイミングで買うことができました。

この会社の将来を高い角度で信じているので、買い増しできたのは嬉しいです。

次の給料日まだかな...

 

ハンセン指数の見直しが実施されました。(1回/四半期)

新たに採用されたのは、

  • 阿里健康(00241):オンライン医療サービス
  • 龍湖集団(00960):不動産準大手
  • 海底撈国際(06862):大手火鍋チェーン

他には、ハンセン総合指数銘柄も見直しがありました。大型株で追加されたのは

  • 華潤万象生活(01209):不動産管理
  • 恒大物業(06666):不動産管理
  • 藍月亮(06993):洗剤
  • 万国数拠(09698):データセンター
  • 泡泡瑪特(09992):玩具

 ※詳細はこちらをご覧ください。  

※26 Feb のNewsroomにあります。

 

所有銘柄では、恒大物業、藍月亮が対象となりました。時価総額や業界地位などを考えれば順当です。

ハンセン総合指数に組み込まれると、ストックコネクトの対象になります。3月15日から適用されるので、「北水」による高騰を期待したいです、藍月亮はそれ目的で持っています。

 

ハンセン指数は改革される予定なので、さらに 10~20社ほど追加されると言われています。中国飛鶴が追加されるのを期待しています。

 

みなさん、よい週末を!私は土曜仕事!

 

下げ止まる香港市場/不動産銘柄/落ちていく忠誠心

2月25日(木)の香港市場はようやく下落が止まり、反転してくれました。

  ・ ハンセン指数     30,074.17 +1.20%
  ・ ハンセンテック指数 9,496.79 +1.45%

とにかく不動産銘柄が強い一日でした。中国当局の宅地供給制度の改革案が好感されたそうです。

中国の不動産株は人気がそれほどなく、配当利回りが高いものが多いです。慢性的な資金不足や、政策によって業績が左右される点が避けられる要因かもしれません。

今日も広州富力地産(2777)が年利11.625%の社債を発行するニュースがありました。配当利回りは13.3%です。人気と資金がないことが伺えます。(以前持ってた)

 

テック系銘柄はプラスが多いですが、これまでの下落からすれば弱い反発に留まりました。テンセントは日中+2-3%程度でしたが最終盤に垂れました。美団もアリババも僅かなプラスで終了。

 

昨日取り上げた大陸からの資金流入「北水」、この日は+41億HK㌦。年明けからの規模には及びませんが、流入過多に戻ってくれたことにホッとしました。

 

PFは +2.0%と少し息を吹き返しました。

  ・ 恒大物業(6666) +7.3%
  ・ Sunny Optical(2382) +3.7%

2月の成績は、一時の爆益モードからマイナスに沈んでいます。最終日に陽の目を浴びて欲しいところです。

 

急に仕事が立て込んで、残業明けなので薄い内容で終わります。すいません。

 

入社して一度も転職することなく二十数年が経ちましたが、年々自分の会社が嫌いになってきました。海外にいて、自分の会社を俯瞰で見る立場にいるからかもしれません。

本社からの依頼には無駄な仕事も多く、徒労感を伴いながら最低限でこなしています。

意義を感じる仕事にはやる気を出すタイプですが、その機会も減りつつあります。

いつ帰国するか分かりませんが、帰国後は身の振り方を考えたいです。

しかし、間違っていることや愚鈍な役職者に対して誠意を持って批判するので、煙たがられて帰る機会が遠のいている気もします。面倒な奴を海外に留め置く作戦だろうか...(どんどん資産が増えていく...)

 

明日は給料日!